卵巣がんは、痛みが少なく見つけにくい病気ですが、卵巣腫瘍は、高い確率で良性であることが多いのです。
卵巣腫瘍の種類は2通りあり、良性の可能性が高い「卵巣嚢腫(ノウシュ)」、悪性が多い「充実性腫瘍」です。
「卵巣嚢腫」が、卵巣腫瘍の割合のおよそ90%を占めているので、それだけでもいかに良性が多いかが、お分かりいただけるでしょう。

卵巣がんと卵巣腫瘍

卵巣嚢腫は、種類が多数あります。
粘液性嚢腫(偽ムチン嚢腫)、漿液性嚢腫(ショウエキセイノウシュ)、成熟嚢胞性奇形腫(別名で、「皮様嚢胞腫」や「類皮嚢胞腫」とも呼ばれています)、チョコレートのう腫などです。

「充実性腫瘍」があとの10%ということになりますが、このうちの80%が悪性のものであり、卵巣がんもこの中の1種類に当たります。

充実性腫瘍には状態が2パターンあり、固形成分の充実成分で腫瘍全体がなっている腫瘍と、液体成分と充実成分の両方で成り立っている腫瘍です。
卵巣がんでなく良性だったとしても、出来ていたら気になってしまう症状ですね。

充実性腫瘍は、良性と最初に診断を受けても、のちに悪性になることもあり得る病気なので、注意が必要です。
卵巣内に充実性腫瘍が出来た場合の症状は、細胞が増えてできていく腫瘍なので、触ると硬い感触がある場合もあるそうです。

卵巣がんは見つけにくいのですが、子宮がんの検診に行った際に、卵巣も診てもらうと、発見できるかもしれません。

卵巣がんが進行してしまう前に、定期的に健診を受けられることが大切になってきます。

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

卵巣がんの症状と治療法:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://chiryo.yumedia.net/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。