卵巣がんの抗がん剤感受性試験




卵巣がんの手術を上、必要性に応じて化学療法による抗がん剤を使用していきます。

卵巣がんの患者さんによって、どの抗がん剤が効き目を発揮するかは、異なります。
抗がん剤は、副作用が強いので、体力を消耗してしまう危険性もはらんでいる治療法です。

抗がん剤を飲んで、ちゃんと卵巣がんに作用してくれるのか、投与する前にわかれば、効きもしないのに体力だけ奪われる事態は、生まれなくなります。

「抗がん剤感受性試験」は、まさにそんな要望にこたえる試験です。
検査料は3万円くらいかかるのですが、今までの大学病院でしか行っていなかった状況は、先進医療制度というものによって改善されました。

続きを読む

(C) 2009 卵巣がんの症状と治療法