卵巣がんの先進医療




先進医療とは、大学病院などでうまれた治療法を、厚生労働省が認可して、定められた医療機関で実施することができる、高い技術の医療です。

卵巣がんにおける先進医療は、SDI法やHDRA法、CD−DST法といった、「抗悪性腫瘍感受性試験」が、さまざまな医科大学付属病院などで行われています。

抗がん剤感受性試験の方法は、卵巣がんの患者さんから手術で切除したがんの組織を培養し、調べたい抗がん剤を加えて行います。

卵巣がんのみならず、先進医療はいろいろな病気や症状を治すために、日々実施されているのです。
抗がん剤が現代はあるから、たとえ卵巣がんになっても完治できるなどと考えていたら、それは間違いで、必ずしもすべての人のがん細胞に有効というわけではありません。

続きを読む

(C) 2009 卵巣がんの症状と治療法