卵巣がんなどの備えの主契約




生命保険に加入するには、まず主契約というベースを決めることが大事です。
主契約にはさまざまな商品が設けられており、加入者がどのような支えを必要としているかによって選んでいきます。

生命保険の主な種類は、「定期保険」「収入保障保険」「生存給付金付定期保険」「養老保険」「終身保険」「特定疾病保障保険」「医療保険」「がん保険」などがあります。

「がん保険」では、がんという病気の性質上、長期的な治療や入院が、多くの場合必要となります。
卵巣がんなど、早期発見が難しく、進行して他の臓器に転移してから発覚するがんもあるので、費用面での備えを保険でするのは、賢い方法といえるでしょう。

続きを読む

(C) 2009 卵巣がんの症状と治療法