卵巣がん新薬「ドキシル」




卵巣がんは、かかっても自覚症状がなく、転移に至ってから発覚するといったことが多いため、毎年6000〜8000人もの女性たちがかかっているといいます。
卵巣がんによる死亡人数は、1年で4000人を超えるとされ、多かった平成18年には、4435人にも及んだということです。

卵巣がんの新薬に、「ドキシル」という抗がん剤があります。
ドキシルは、卵巣がんに効き目があるばかりでなく、副作用が非常にすくないとして、女性の体にやさしいと高い評価を受けています。

卵巣がんの抗がん剤は、長く使用し続ける必要がある一方で、徐々にからだが慣れていってしまうといった問題点があります。

続きを読む

(C) 2009 卵巣がんの症状と治療法