卵巣がんと子宮内膜症




卵巣がんと子宮内膜症の関連性は、子宮内膜症による合併症として、卵巣がんになってしまうケースがあるということです。
子宮内膜症は卵管を塞いでしまうことがあるため、卵巣がんや不妊症を引き起こす場合があります。
卵巣がんにまでなってしまったら、がん細胞が周辺に転移してしまう可能性もあるので、早めに直しておきたいものです。

子宮内膜症とは、そもそもどういった病気なのでしょうか。
子宮の内側の膜が、生理のときにはがれて出血すると、子宮からその時出た血が流れます。
腹腔内の卵巣、卵管、腹膜に、くっついて増え、生理(出血)が起きる症状です。
子宮内膜症は、生理痛が悪化するといった症状から、発覚するでしょう。

続きを読む

(C) 2009 卵巣がんの症状と治療法