卵巣がんの病期別治療 II期・III期・IV期




卵巣がんは、進行の度合いによって、治療法をステージで表します。
病期I期からIV期まであり、初期の卵巣がんが病期I期で、転移がない症状です。

「病期II期」は、卵巣がんが卵巣のまわりの腹膜に、転移している病状を指します。
卵巣がんが、たとえば直腸にまで及んでいたとしたら、がんのある卵巣と子宮と卵管に加え、直腸の切除もすることがあります。

大網という、腸を包んだような脂肪組織がありますが、卵巣がんの経過を診断するための大事な検討材料となります。
手術の際に大網も切除し、術後に検査をすると、卵巣がんの転移がどこまで及んでいるのか、病期II期より転移が進行しているIII期になるのかが、ここで判明します。

続きを読む

(C) 2009 卵巣がんの症状と治療法