卵巣がんでセカンドオピニオン




卵巣がんをはじめ、さまざまな病気において、医療は目まぐるしく進化を遂げています。
卵巣がんでお世話になっている主治医から、今後の治療法や手術内容などを伝えられた時に、患者の立場としては、すべて言われたとおりの道しかないのでしょうか。

「セカンドオピニオン」は、主治医以外の医師の判断も、聞くことが出来るものです。
卵巣がんの主治医となった医師が、最先端の医療全てを、たった一人把握できているというものではないことからも、セカンドオピニオンという発想が広まっています。

卵巣がん患者と主治医の希望が、噛みあわないケースもありえます。
セカンドオピニオンで他のお医者さまに、異なった視点で助言をもらうことは、患者の権利といえるでしょう。

続きを読む

(C) 2009 卵巣がんの症状と治療法