卵巣がん 放射線療法と化学療法




卵巣がんでは、主に3種類の治療法が採用されています。
「放射線療法」、「化学療法」、「外科療法」です。

卵巣がん手術の外科療法を除いた他の2種類について、ご紹介します。
放射線療法も化学療法も、外科療法後に手術で完全には切除しきれなかった卵巣がんに対して、行われる方法です。

「放射線療法」は、放射線を腫瘍に体の外から照射するやり方と、放射性リン溶液を腹腔内に入れて、内側から照射するやり方の2種類があります。

放射線療法は、現在では化学療法が主流となって行われている内容ですが、脳へ腫瘍が転移してしまったケースでは、今も放射線治療が必要となっている方法です。

続きを読む

(C) 2009 卵巣がんの症状と治療法