卵巣がんの「病期」




がんでは、どのくらい症状が進んでいるかを表す「病期(ステージ)」が定められています。
病期により変わってくる治療の仕方が、定義されやすくなるのです。

卵巣がんでの、病期をみていきまよう。
ステージは、I期からIV期まであります。
手術によって全面切除ができるのが†期と†期、手術以外の手立てが必要なのが†期と†期です。

「I期」は、転移してない症状です。
被膜破綻や腹水で悪性が判明したケース、卵巣の表面的にがんが発見された場合などが、これに含まれます。

続きを読む

(C) 2009 卵巣がんの症状と治療法