腫瘍マーカーで卵巣がんを見つける




卵巣がんは症状が出にくい病気だとされていますが、できることなら定期診断を受けた時に、発見できると治療に取り掛かれます。

腫瘍が体の中にできたときには、血液中に普段見られない「腫瘍マーカー」という物質が分泌されます。
腫瘍マーカーが陽性反応すれば、卵巣がんの可能性を探れるわけです。

腫瘍の一般的なものでは、必ずしも腫瘍マーカーが陽性なら病気というわけではなく、補助的な役割として使われています。

卵巣がんで進行しているものは、腫瘍マーカーのCA125というものが検知されるので、良性か悪性かを決めるのに使用されているのです。

続きを読む

(C) 2009 卵巣がんの症状と治療法