卵巣がんになったら




卵巣がんは、発見されにくいということを、ご存知ですか?
定期健診でもしていない限り、他に卵巣がんが転移してしまってから診断されることが、非常に多いのです。

卵巣がんには、転移のしやすいがんもあれば、転移しにくいがんもあるので、どういった症状がでるのか、どんな検診がされているのかを、ご紹介しましょう。

卵巣がんの転移しにくい腫瘍は、サイズが大きくなってから、膀胱を圧迫して尿が近くなったことで見つかったり、下腹部にしこりのようなものを感じて、医師に異変を訴えたりするそうです。

卵巣がんのサイズが、まだ小さい時には、定期健診の子宮検査の中で、発覚したりします。

続きを読む

(C) 2009 卵巣がんの症状と治療法