卵巣がんと卵巣腫瘍の性質




卵巣がんの内およそ8割は、皮の表面近くのがんによるものです。
上皮性腫瘍といいます。

臓器の中でも、卵巣がんは自覚症状が出にくいところなので、発見に至る2/3は、残念ながら他に転移をしたあとで判明します。

卵巣がんが、他に転移していないうちに発見できれば、まだ手術で治せます。
卵巣がんが進んでしまい、転移をしていたら、化学療法と手術の両方で治していく必要があるでしょう。

卵巣腫瘍では、腫瘍の種類が多いものの、そのうちの85%が良性腫瘍だということです。

上皮性腫瘍は、簡単に言うと良い・悪い・その中間の3種類があり、良性腫瘍・悪性腫瘍・中間群となります。
悪性腫瘍はがんで、中間群は境界悪性です。

続きを読む

(C) 2009 卵巣がんの症状と治療法